FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tバック妻、ついに「腹パン」穿いて出勤!?

寒波到来で妻のお尻が冷えてもいけないと、先日はフルバックの下着を用意してあげたが、いまいち妻の好みに合わなかったらしく、それならばと意表を衝いて私が用意したのが「腹パン」だった。
ヴァギナからお尻の谷間へ食い込むTバックの刺激が妻の美容と健康のためには良いと考えている私とすれば、フルバックで割目への緊張感がなくなるよりも、「腹パン」を穿いてでもその下にTバックを穿かせたいからだ。

前記事の通りの組み合わせで用意しておいた「Tバック+腹パン」を、果たして妻は素直に身につけてくれたか?
私は朝、開口一番に妻に尋ねたのはいうまでもない。
「昨夜用意しておいたの穿いた?」
妻は、トンでもないと言うふうに目を丸くして、
「えぇ~っ、「腹パン」はいいけど・・・・、ダメよあのパンツは! アレはお遊び用でしょ! 脚下、脚下!

Gst-bajyu-b4.jpg
夜のお遊び用? まぁ、普通の人はそうだろうけど・・・・。 これまで何度かこれで出勤してるじゃん !?

予想以上に強い口調で提案を脚下された私は、一気に朝のテンションを引き落とされた感じになった。
「じゃ、いったいどれを穿いたんだ? ちょっと見せて。」
と、妻のお尻を撫で上げると、「はいっ、どうぞ!」とスラックスのジッパーを緩めてお尻を突き出した。
スラックス越しに薄っすら浮き出ているPラインならぬ、腹パンラインが追い討ちを掛けるようにテンションを下げてしまう。

妻のスラックスを引き下げ、目の前に現れた色気とは程遠い横しま模様の「腹パン」。
本来、こんな物には用は無いんだとばかりに、眺める気も無く一気にそれも引き下ろす。
まさか下着は、こんなの穿いてるんじゃないだろうな!

NEC_0018Fc.jpg
妻の口調からして、私の希望とは真反対のこのようなパンツが頭に浮かんだ。

「えっ・・・・?」

私の眼に飛び込んできたのは、愛しのふくよかな妻のTバック尻だ!
「えっ、これかぁ! これなら大好きだぁ!」
例によって、私は思わずそのふくよかなお尻の谷間に顔を埋めた!
(なんだぁ、これならテンションを下げること無かったなぁ・・・・)

妻が私の選択を無視して穿いていたのは、夏場に良くはいていた、黒のスケスケTバックだった。
夏場はこれが妻の一番のお気に入りで、週に一度は穿いていたローテーションの主軸だったが、寒くなるにつれ出番が少なくなっていた。

F1010490bbkpbc.jpg  T-back-bluerace3b.jpg  NEC_0004Bc.jpg
色気の無い「腹パン」でも下が、これなら申し分なくテンションが上がる! この冬はこんな感じで乗り切るのもいいかも知れない・・・・

私はお尻の谷間に舌を這わしながら、どうしてこっちに変えたのか聞いてみた。
「だってアレじゃ腹パンが汚れちゃうでしょ。」
腹パンを汚したくないこと、そしてこっちは薄いレースで幅の狭いクロッチであっても、なんとかヴァギナを覆っているのでOKなのだそうだ。

寒いから、Tバックはやめるか、それとも、寒いから腹パンを穿いてでもTバックを基本とするか。夫婦によってはそれぞれ判断の分かれるところかもしれないが、我家は当面、無理せず暖かくしてエロテンションをキープする方向で行こうと思う。

Tag : 下着 Tバック Gスト

コメント

返信:TOM 様

TOMさんの方こそ、朝から羨ましいですよ!

男には「???」な女の感性・・・・。
どうも筋書き通りにはいかない・・・。
でも夫婦って、そこが面白いのかも知れませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なかなか朝からほほえましいですね。

でもあんまりどっちも変わらないような気がしますが奥様的には
OKなんでしょうね。
男には分からない~かも

返信:TOM 様

そうでしょう! 大差ないですよね。
そのあたりの妻の感覚がよくわからないんです。
まぁ、私にとっては結果オーライなんですが・・・・

予想外の展開に笑わせて貰いました。
素敵な奥様との性活を楽しんでいますね(^o^)/

それにしても、却下されたTバックと履かれたTバック・・大差無い様に思えるのですが。
微妙なんですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。