FC2ブログ

精力増強に・・・・!?

 仕事帰りに書店に立ち寄り、何気なく健康雑誌の並んでいる棚に眼をやったところ、『精力増強に・・・』の文字が眼に止まり思わず手に取った。
パラパラと精力増強の特集記事辺りを捲っていると、ある女性作家の寄稿のなかに『エロ脳を活性化して・・・・』といった、私にとっては新しい言葉に、しばし読み込んでしまった。

その内容は、中高年世代は、日頃から『エロ脳』を出来るだけ活性化しておくほうが良く、セックスはもちろんエッチなことが脳内を支配するオナニーはとても良いことらしい。

DCP00175bbpc.jpg
先日の妻のオナニーの様子。こうやってヴァギナをクチョクチョすることも、妻の美容と健康にも役立っているようだ。
当然、見ている私もシコシコと・・・・。 視覚刺激で血液の循環もよくなり、免疫力アップ!


まさに、私が言いたいことがわずか見開き2ページの中に要約されているようでとても嬉しかったが、一旦棚に戻して他のコーナーをぶらついているうちに、その雑誌を買うのを忘れてしまっていた。

というのも、アダルト雑誌のコーナーで新しく出ていたセクシー下着付雑誌を見つけてしまい、しばらくこの手のものを買ってなかったため、思わずテンションが上がってそれを購入してそのまま店を出てしまった。

しかし、あの女性作家は良いことを言うもんだ。これからは彼女のことも尊敬しよう・・・・と思うのだが、その作家の名前すらも覚えていない。やっぱり、買っておけばよかったかな。
(『健康』3月号だったと思うのだが・・・・)

ただ、彼女の言う『エロ脳』という言葉は、私の中で定番となりそうだ。また、その記事の中で熟年夫婦が葬式に出席した際に、妻の喪服姿に欲情した夫が葬儀の後に妻を誘ってラブホへ行って盛り上がった話があったが、とても共感できる。
我家の場合は喪服の下にエロ下着を着けさせることが定番化しつつあるが、喪服と『エロス』は表裏一体かもしれない。

そんな『エロ脳』を活性化するべく、今日も妻の下着を選んでおいた。

T-back-shinepink1b.jpg
今日、穿いていたシンプルで上品めなTバック。 妻のキャラクター的には合っているTバックかもしれない。


コメント

返信:トム 様

トムさんの、性活談ブログなら、写真はなくても十分刺激的だと思いますけど・・・・。
でも、おっしゃる通りエロ脳を刺激出来る性活を送ることが大切ですね。

No title

ブログですか?

記事に出来る様な事はたくさん有るのですが写真が・・・。

妻はプレイ中の写真は気がそれてしまい嫌いだそうです。
ただの投稿写真なら撮れせて貰っていましたが
顔バレしそうになった事が有ったので。

これからもエロ脳を刺激出来る様な性活を送って行きましょう。

返信:ソウジャロ  様

コメントを頂き、ありがとうございます。

ソウジャロさんの独自でリアルなブログには、以前から美しい奥様に憧れて拝見していましたが、
この度、初めてSNSも拝見し驚きました。(詳細はここでは控えます。)
これからも、ご意見・ご指導をよろしくお願いします。

新鮮ブログですね。

『エロ脳』という言葉は私の中でも定番になりそうです。

返信:Pero 様

お久しぶりです、Peroさん!

<会社でもその夜のコスチュームやプレイなど想像してます。事務机の下で勃起することもしばしば。
そうです! これでこそエロ脳が活性化している証拠、健康性活の基本ですね。

こんな風に、日々エロ脳が働いていると将来「認知症になりにくい」気がしませんか?
ボケ防止とかいって雑誌の「ナンクロ」やるより、エロ想像してるほうが、脳内血流の循環がすごく良くなる気がするんですよね。

対して、女性たちはどんな風に日々エロ脳を使ってるんでしょうね。
そんな話もまた聞かせてください。

お久しぶりです。
だいぶ前に脳内診断アプリで、私の脳はエロだらけでした。笑。毎日エロ脳使ってますよ。会社でもその夜のコスチュームやプレイなど想像してます。事務机の下で勃起することもしばしば。エロくなくなったら具合が悪いと思ってくれと妻には言ってます。寒いですけど、風邪ひかないように楽しみましょう。^_^

返信:トム 様

スペシャルなコメントをありがとうございます!

リアルで詳細な体験談で、いつの間にか勃起して読んでいました。

<そんなに変わったシチュエーションではありませんが、~とありますが、
後部座席の広いワゴン車を持っていない我が家ではできないシチュエーションです。 羨ましい!

その後、濡れた股間のままパンスト直ばきでショッピングですか!
実に、性活を楽しんでいらっしゃいますね。

その他の体験談も楽しみです。シリーズしましょう!

・・・・というより、

トムさんの投稿は、そのままブログになるんじゃないですか?
その時は、「ブロとも」で宜しくお願いします。

そんなに変わったシチュエーションではありませんが、つい先日の出来事でまだ生々しく記憶に・・。

先日ランチとドライブを兼ねて、車で1時間程にあるショッピングモールに妻とお出かけに。
久々のドライブで天気も快晴。
私も妻も気分はハイテンション!

出掛ける前に妻の洋服とランジェリーをチェッ〜ク!
妻はコートの下に、私の好きな短めのタイトスカートに黒スト、インナーは花柄の刺繍が入ったお揃いの真っ赤なブラとパンティ。パンティはサイドを結ぶタイプのTバックで、私のテンションはさらにヒートアップ。

モールに向かってる間も、私は妻のスト脚やおっぱいを触り、妻も私のGパンの上から愚息に刺激を。

ショッピング中も、私は周りに人がいないと妻のお尻やおっぱいを触りまくっていました。
ランチでビールを飲んだ私は、更に欲情がエスカレートし、モールの非常用階段でディープなキスしたりパンティの上から感じやすいクリちゃんに刺激を。妻も刺激に反応し始め甘い吐息と共に愛液がジュワッと・・。

私も妻も我慢出来なくなり、さすがにこの場ではこれ以上の事は出来無いので、駐車場に停めてある車に戻る事に。ワゴン車の後部座席で車が暖まるまで先程の続きを。

私の愚息は妻の熟練した指技でギンギンに勃起し、先端からは大量の我慢汁が。妻はその我慢汁を美味しそに舐めてました。
さらに妻は濡れ濡れになったパンティを脱ぐと(結ぶタイプは脱ぎやすく良いですね)私に・・。

車が暖まると妻はスカートもパンストも脱ぎ下半身真っ裸に。
いくら平日とはいえ比較的大きなショッピングモール。私達の車の近くを車が通ったり停まったりして、私の方がハラハラドキドキ!
私の車の後部座席の窓にはフィルムが貼ってあるので、外からは見られないとは思いますが、淫乱モードスイッチが入った妻はもう止められません。

私に見せつけるかの様に脚を開き、ビンビンに固くなったクリちゃんを刺激し、さらに秘部の奥まで2本の指を入れぐちゅぐちゅと。奥から溢れ出てくる白濁した愛液を掻き出す様に指に付け、私に舐めさせたりしてオナニーを。

エンジン音しかしない車内には、妻のぐちゅぐちゅした音と押し殺した声が。
私は妻のオナニーしてる姿と濡れ濡れの愛液が染み込んだパンティの匂いを嗅ぎながら昇天!
妻も秘部に指を入れながら「パパ〜見て〜!ぐちゅぐちゅいっぱい出ちゃってる〜」の声と同時に腰をガクガクさせながら逝ってしまいました。

暫く動けなかった私達。
私のリクエストでお股の愛液を拭かず、そのままパンストだけ履いて貰いショッピング。
その夜は愛液のタップリ染み込んだ昼間のパンストで2回戦めに突入。
顔騎などで楽しみガッツリと合体し大放出しちゃいました。

妻曰く、絶叫するオナニーも大好きだけど、声を出せない状況でするオナニーも凄く感じるそうです。

今まで色々な場所(公園や観光バス、新幹線など)で、妻のオナニーを見ましたが、過去最高に激しく感じたのは、妻の友達と一緒に温泉に行った時のオナニープレイです。
ご迷惑で無ければ改めて・・。

私の前では、昼間でも淫乱な姿も曝け出す妻が、何食わぬ顔して自治体の役員などをしている姿を見て私は笑っちゃいます。

50も過ぎた夫婦ですが、まだまだ媚薬に頼らず楽しい性活が送れそうです。


私のブログでは無いのに長文失礼しました。



返信:トム 様

「エロ脳」・・・・これからの健康性活のキーワードになりそうですよね。
ほんと、学術的に立証してくれる人が欲しいです。

しかし、以前はエロ分野でしか語られなかった物事が、昨今少しづつ健康・美容の分野で取り上げられるようになってきたのは喜ばしいことです。

NHK「あさイチ」の『膣を鍛える』特集で、有働アナが怪しげな機械で「ああぁ~ん」と大声を張り上げてしまった体当たりの取材のように、従来の殻を破った取り組みが、高齢化社会の医療費や介護の問題解決には必要なことです。

少子化を経済問題でしか語れない国会議員は、頭を変えて性活の視点から取り組んでみたらどうでしょうね。

PS 媚薬なシチュエーション、詳しくお聞きしたいです。

エロ脳・・
私も初めて聞いた言葉にドキッとしてしまいました。右脳・左脳に匹敵する言葉では無いでしょうか?
私も妻もエロ脳を毎日使ってますねぇ〜(笑)



喪服に欲情・・
当然です!
私も妻の喪服姿に何度欲情したか判りません。さすがに帰りにラブホには行った事は有りませんが、帰りの車の中で燃えた事は有ります。
従って気持ちは凄〜〜く解ります(^o^)/


話は戻りますが、
エロ脳を使っている?女性は、女性ホルモンも活性化して、更年期障害も少なくなるのでは?
ぜひ学術的に調べて欲しいですね。

ps.妻のオナニー姿を見たり、びちょびちょになった指やお○○こを舐めるのは、どんな媚薬より効きます。それが普通ではあり得ないシチュエーションだと尚更・・(^o^)/






コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)