FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gストの妻、姑の前でズボンを脱ぐ・・・!

昨晩、私が帰宅すると、いきなり妻が、
「ねぇ~、聞いてよ、 さっきドキドキだったのよ~っ!」
と、ワイシャツのボタンをはずしている私に駆け寄って来た。

妻によれば、先ほど私の帰宅前に、私の母が、突然家に来て、
「買い物ついでに、あなたに合うんじゃないかと思って買ってきたのよ。」
と、妻に婦人物のスラックスを持ってきたという。

「もし、サイズが合わなかったら取り替えてもらうから、今ここで穿いてみてくれない?」
半ば強引に、今すぐ穿かせようとする母に、
「えっ・・・・、いま・・・・、今ですか?」(ここで・・・・?)
と、いきなりの展開に慌てる妻。

慌てる理由は、明白だ。
そのとき穿いていた下着は・・・・。

DSCF6034wb.jpg
よりによってこの日はエロ派手なGスト系。 妻が選んで穿いてたのだから仕方がない。
更年期に入った嫁が、こんな下着を着けているのを 姑が見たら・・・・


ドギマギする妻に、
「さぁ、早く! わたしも帰んなきゃならないから。」
と、急かす母・・・・。

妻は、意を決して、穿いてるズボンを脱ぎにかかった。
幸い、上半身にやや丈長のポロシャツを着てたため、 体を前に倒して垂れ下がるシャツでなんとか股間を隠し、足を上げ過ぎないよう慎重に脱いでいた。

「ということは、逆に後ろから見たら、お尻は丸出しだな。」
私は、ニヤニヤしながらその光景を思い描いていた。

DSCF6073kbffbspc.jpg
もしも後ろから見られたら・・・・、このTバック尻を姑に暴露してしまうことになる。

しかし、いくら前屈みで誤魔化しているとはいえ、、床に座して妻の下半身を見ている母の視線の位置からして、下着が見えてしまう可能性は大だ。

そのとき妻は、母の背後にあるTVで、「サッカー・ワールドカップ」のニュースが流れていることに気づき、
「今日の試合、惜しかったですねぇ~。」
と、ズボンを足首からはずしつつ機転を利かした。

「そうねぇ、惜しいシュートが幾つかあったんだけど・・・・。」
と、母がTVを振り返っている合間に、サッと脱ぎ捨てると、すかさず新しいスラックスに足を通して一気に腰まで引き上げた。

前側のジッパーを上げたところで、
「あらぁ、ちょうどいいじゃなぁ~い。」
母が、振り返って腰から下を目を上下させて見ていた。
「それにあなた、お尻が綺麗ねぇ。」
と、スラックスがフィットしたお尻を褒めてくれた。

DSCF6072bpc.jpg
おちおちしてたらこのスケスケメッシュから剛毛をはみ出した妻の股間を凝視されてしまうところだった。

「ぴったりぃーっ! 丈もちょうどだし、お母さん頂きます、ありがとうまぁ~す!」
妻は、早くこの場に決着を着けたくて、もうこのまま穿くと言って、即座にタグをハサミで切った。
それを見た母は、「よかったわぁ~」と納得した様子で帰って行ったそうだ。

「もぉ~っ、 すっごくドキドキしたんだからぁ。」
「これだったんだものぉ・・・・」
妻はズボンを下げて、お尻を突き出した。

私は、母が、妻のお尻を褒めたことに気をよくして、妻の腰を抱えてお尻を舐めまわした。
やはり、判る人には判る、私の自慢の一品だ。

DSCF6074kbpcc.jpg
姑も認めた、「美尻」に、私も嬉しくなって、妻の腰を抱えて、舐めまわした。

一通りの妻の話を聞いて、たまには、こんな風に少しドキドキするくらいの冒険はあっても良いと思った。
これからは、ドキドキ・ひやひやパターンのシチュエーションも、企画してみようかな・・・・。


Tag : Tバック 下着 Gスト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

返信:亭主&女将 様

もちろん、妻のお尻は大好きですが、女将さんのお尻も素敵ですよね!

顔を埋めたくなるタイプのお尻です。

福の神ですね。

ドキドキ感♪

奥様も相当に焦られた様子が伝わって来ますi-278

ご主人さんの自慢のオシリを褒めてもらって良かったですねi-236

僕も女将のオシリが大好きですi-178

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。