FC2ブログ

現代版、『小股の切れ上がったいい女』!?

 しばらく前に、私の母から、お尻の割れ目にぴったり食込むパンツについてクレームを付けられた妻だが、これまで十数年間、毎日私から、「最高の美尻だ!」「男たちの憧れ、 町の宝だ!」「Tバックならではの美しいお尻! まだまだモテ期がやってくる!」等々、歯の浮くような美辞麗句を刷り込まれてきているので、妻もその気になり、自分のチャームポイントとして自覚しているため、母に会わない時は相変わらず『お尻ピッタリ、食込みしっかり!』で、私や周辺男性の目を癒してくれている。
関連過去記事:【妻尻に姑が・・・・】

そんな妻を見ながら、かねてから気になっていたある言葉が頭に浮かぶ。

それは、『小股の切れ上がったいい女』
この言葉でどんなイメージを思い浮かぶだろうか。
この意味には、諸説あって中々はっきりしない。
ましてや『小股』とはどこなのか?

脹脛のことだとか、足首のことだとか、足の親指と人差し指の間だとか・・・・。
それが『切れ上がった』ってどういった状態なのか?

それら諸説は置いといて、私は妻の熟尻を観察するうち、『小股』とはお尻の割れ目のことと考えるようになっていた。
下の妻のお尻を見て頂きたい。



Pラインもなく、すぅ~っと割れ目が切れ上がっている豊かなお尻には、思わず股間を擦り付けたくなる。


豊かに張り出した臀部の中心を腰に向けてすぅ~と切れ上がる割れ目は、まさしく『小股の切れ上がった』というイメージではなかろうか。

私は、妻の機嫌の良い時を見計らっては『今日のお守り!』と言って、この熟尻をケータイに保存させてもらうのだが、この日も「今日もお尻がきれいだねぇ! お守りに一枚ちょうだいっ!」とケータイを向けると、
「安全祈願ににねっ!」とお尻を突き出してくれたのが、上の写真。
更に「前からも一枚!」とそのままのポーズで前に回ってパシャッ!

いつも私の好みで、後ろからお尻ばかり撮っているが、実は妻自身が自慢するのが、同年代の女性の中では意外にスッキリとした下腹部だ
確かに妻の年齢では、2段腹や下腹部ポッコリは当たり前だが、妻は豊かなお尻に比例せずスッキリとしたお腹と腰のクビレを持っている。

それが下の写真なのだが・・・・。
実は、これが先ほどの自説を覆す一枚となる。


19bfbpc2bc7.jpg
妻の年齢にしては贅肉の少ない下腹部。 ピッタリパンツが良く似合ってるうえに、プラスアルファの魅力が・・・・


お気づきだろうか。
ぴったりとフィットしたパンツの股間にクッキリと現れた割れ目を!

妻は日頃から、ヴァギナに食い込みやすいGストや生地の薄いTバックが多いので、レギンスやスキニーパンツのときは、時折このようにクッキリとマンスジが現れていることがある。

それにしても、なんと凛々しいマンスジだろう。
腰周りにフィットしたパンツのクロッチ部分は、素材の伸縮性もあって、妻のヴァギナに見事に食い込んでいる。
それは、明朗活発な妻の性格を反映してか、できる女を演出しているように思える。

因みに、この服装は当日仕事に出かけた時のもので、帰宅前にはスーパーやコンビニへ寄って買い物もしている。
そんな一日中マンスジを披露して来た日の下着は、これだ!


NEC_0076wb.jpg
これまでにも何度か紹介している下着だが、これはまさにマンスジを現すためにあるようなGスト!


この下着は、オープンクロッチではないのだが、膣口の部分(フロント下部)は布地を取り払ったように穴が開いている。
この下着にスキニーパンツを穿いたら、そりゃあ喰い込ませるために作られているのかと思えてくる。
因みに、この日は私がこの下着を勧めたのではなく、妻が自分で選んで穿いていたもの。

妻は、計算してその組み合わせを穿いていた?
まさかね・・・・。

 それにしても、この凛々しいマンスジをあらわにして、堂々と立っている姿を見ると、こっちこそ『小股の切れ上がったいい女』ではないか!という気がしてくる。

そして『小股』とはマンスジ・・・・、つまりはヴァギナのことではないかと考えれば、なんだか一番しっくり来る。
それを立証するような説はないかと、ネット上を駆け巡っていたら、あった、あった!

折口信夫氏による女陰説というのがあるようで、 「女陰の陰裂の長さ」だそうだ。

"長さ"はさて置き、「女陰の陰裂」であるなら、マンスジはまさにそのもの
それが上に向かって、スッと切れ上がっている状態を 『小股の切れ上がった』形とすればものすご~く合点がいく。

お尻の割れ目もマンスジもクッキリ見せてくれる・・・・、そんな下半身の女性が、職場でテキパキと働く姿は、まさに現代版『小股の切れ上がったいい女!』ではないか!

それが、私の妻だ!

って、「何だかんだとウンチク並べて、結局は嫁の自慢かよっ!」という声が聞こえてきそう・・・・。


Tag : マンスジ 小股 Gスト Tバック

コメント

返信:きいち 様

ありがとうございます。

これまでの妻のイメージって、小太り系でした?
どちらかっていえば、お尻にだけ栄養が偏ってしまったようです。

社長!

いや〜 こんな奥さんにお茶を出されたら、仕事になりませんよ〜

いつもと違ったパンツルックの装いの写真最高です。お尻からも目を一刻たりとも離せませんが、フ、フロントがーーと気づいた時にはも もう我慢できないかも…

前からの写真で奥様の体型のイメージが変わりました! 美しいですね!

とりみだしてすみません笑

返信:Tama 様

マンスジ、マズイですか?
妻のマンスジは、けっこう気に入ってるんですけどねぇ。

『ノー・Pライン,メイク・マンスジ』を今年の妻の傾向にしたいと思ってるんですが・・・・。

やはり女性は年齢を重ねるごとに、人によるかもしれませをが 普通は下腹部が多少なりとも出てくる傾向があるみたいですね!

しかしながら 主さんの奥さんは綺麗なヒップをし それを愛してやまない羨ましいです。
マンスジは ある意味でマズイですね!

次回の更新も楽しみにしています。

返信:mirai様

ありがとうございます。宝物ですからね、大切にしたいです。

No title

綺麗なヒップラインですね。
本当にうらやましいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)