FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師に花束、そのスカートの中は・・・・

 先日、妻の中学校時代の恩師が退職後長く続けてきた絵画で、結構大きな賞を頂いたとかで、それを記念してホテルで個展を開くことになったのをきっかけに、近場にいる教え子たちでそのホテルで祝賀パーティを開くことになった。
その中で妻は、恩師にお祝いの花束を渡す役割を仰せつかったのだが、そのお出かけ前の事・・・・。

妻がスーツを着ていくというので、最近仕入れておいた、クロッチオープンパンストを差し出した。
「え~、これ~っ?」
パンストと言えども下腹部からお尻の部分はザックリと開いたパンストだ。
妻の反応は予想通りだった。


NEC_0090c.jpg
ネットで安かったので、いつか出番があればと買っておいたクロッチオープンパンスト。 カットされた股間部分は、穿くと大きく開いて、お尻丸出し状態に・・・・。

NEC_0090cpprbkb.jpg
ショップサイトから拝借した写真。カット部分はこのくらい伸びる。 このままノーパンで・・・・と、期待してしまう。


「これでストッキングの上に下着を着ければ、 いちいちパンストを下ろさなくていいからトイレとかの時に便利じゃん。 忙しい人にはいいと思うよ。」
さりげなく便利さを強調して強く勧める。

「う~ん・・・・、まあいいけどぉ・・・・。」
「まっ、とにかく穿いてみなよ、いやなら変えればいいんだから。」
妻は、なんとなく納得がいかない顔でしぶしぶ足を通して、腰まで引き上げた。
オープンタイプは最後にガニ股で屈伸するようにして引き上げなくていいのも私は気に入っている。

「これでいいのかなぁ・・・・。」
妻はブラウスの裾をめくって見せた。

おーっ! これぞクロッチオープンの魅力!
色こそシンプルなベージュだが、フロントは陰毛エリアをぱっくりと切り取って、ワサワサとした茂みを露にしている。

「あー、いいんじゃない、後ろは?」
私はわざと感情を抑えた口調で促すと、妻はくるっと後ろ向きになって、お尻を突き出した。

ぅわおおおっー!  これーっ! これっ、これーっ!

別に突き出せとは言ってないのだが、いつも私がお尻を見せてほしいと言う時の癖なのか、、床に座っている私に向かって、前かがみ気味に突き出したお尻の間からはまさにアワビのようなヴァギナがパックリと顔を出している!

思わず口元を寄せて舐め上げたい気持ちをグッとこらえて、
「あー、いいね、 お尻にフィットして綺麗だよ。」
感情を抑えて妻の気持ちを持ち上げる。

そんな口調と裏腹に、私のペニスは一瞬にして最高潮のボルテージに達していたのだが、ここで不要なことをして、妻が「やっぱり、コレやめた!」などと言い出してはいけないので、慎重にしなくてはいけない。

それにしても、イイっ! いっそ下着は着けずに行って貰いたい。
「せっかくだから下着は要らないんじゃない?」
と、さりげなく言ってみたが・・・・。

「ダメよぉ~、あなたが居るならまだしも単独行動のときはムリッ! 盗撮でもされたらどうするのっ!」
と、きっぱり。
だが、『あなたが居るならまだしも~』の部分に、にわかに今後の期待が高まった。
ここは深追いせず、下着に話を移すほうが良さそうだ。

そこでせっかくの股開きストッキングだけに、私は隠していた在庫の中から以前穿いていたオープンクロッチのTバックを取り出してきて、
「じゃあ、これなんかどう? 以前もこんな組み合わせで穿いただろう?」

妻の興味を引いた穴あきパンティ。
参照過去記事:『本当にそれをはくとは!?』

「いやよぉ~! なんで穴開きなのよぉ~っ!」
だんだん機嫌が悪くなってきた・・・・。
今日は、この気分じゃないようだ。

「もう時間もないのに、そんなの出して来なくていいわよっ!」 
妻は、苛立ちを露にして部屋の隅にぶら下げてある物干しハンガーをガチャガチャと回すと、奥側に隠すように止めてあった下着をパチンと音を立てて引き抜いた。

「普通のでいいのよ! フツーのでっ!」
そう言って手に取っていたのは、黒い下着だとはわかったが・・・・。
妻は不機嫌な表情のまま即々とそれに足を通すと、スルスルと腰まですりあげてパンッとゴムの音をさせて有無を言わさず完了させてしまった。

私はその一連を見ながらあっけにとられていた。
なぜなら、そのフツーの下着というのが・・・・。


NEC_0078wc.jpg
「普通のでいいのよ! フツーのでっ!」というのがこのレースのGスト。 妻の「フツー」の感覚も怪しいもんだ・・・・。


これが妻の『フツー』・・・・か。
とても盗撮を気にしてるような女性が穿くとは思えないが・・・・。

それでも、クロッチオープンパンストにすけすけレースのGストなら、喜ぶべきだ。
私は妻の異質な『普通感』に感謝して、うって変わったように褒め手に転じた。

「あぁ~っ、それがいいねぇ! スッキリしてお尻もきれいだ。 シンプルなスーツの下着にはナイスマッチだ!」
「そうでしょ、みなさんそうおっしゃるわぁ!」
そんな妻の冗談交じりの切り返しに、機嫌が直ったことを察知して、さらに褒め続ける。

「先生のお祝いだから、そのスーツ姿がベストチョイスだね。 シンプルでありながら何処となく熟女の色気もあって、今日はモテ日になるかもよ!」
恩師の先生だって、こんな下着を着けた教え子から花束を受け取るなんて想像もしないだろう。
当然、会場の人たちだってそうだ。 
拍手の中、あの花束を贈呈している女性のスカートの中は、こんなにエロいなんて・・・・。

そんな想像を膨らませながら、機嫌の直った妻に、お出かけ前の一枚を取らせてもらった。
本当はその下着姿をとりたかったのだが、とてもそれを言い出せる雰囲気ではなかったので、せめてもの一枚。
クドイようだが、このスカートの中は、クロッチオープン&スケGスト。 頭の中で合成して見てほしい。

IMGA0469cLbkbpc.jpg
「地味」と言って良いくらいシンプルなスーツ姿の妻、機嫌が直ってこのポーズ。 
どう見ても、ヴァギナにあのGストを食い込ませているとは思えない。 そのギャップがイイっ!



 外観的にはこんなに清楚な装いにも関わらず、このスカートの中は風俗店なみのエロコスで出かける妻に、内心ワクワク、股間をピクピクさせて喜ぶ私は、変態レベルかもしれないが、それを実践している妻はいったい『どんだけー!』なんだろうか?
しかも、そんな秘めたエロコスで、大勢の拍手の中、恩師に花束を贈呈なんて・・・・。

私が妻なら、なかなか平常心ではいられないかも知れない。 ドキドキ、ハラハラ、グチョグチョ・・・・。
でも、妻は全く気にも止めず『フツー』なんだろうな。

しかし、お祝いの酒宴の席のこと、妻の熟女オーラに寄ってくる男もいるかも知れない。
(と私は期待していた。)
そんな話も土産にもって帰ってきて欲しいと思っていたが、案の定・・・・。

このまま、続けて書きたいところだが、長くなるので、また次回に・・・・。


Tag : Gスト オープンクロッチ パンスト

コメント

返信:bow 様

別な要因(刺激)でならあるかもしれませんが、妻にとってGストは、日常の標準下着なので、それ自体で興奮することもないと思います。
私としては、そうあってほしいのですが。

返信:あっちゃん。 様

それぞれの家庭で『普通』の定義は変わってくるのかもしれませんが、
最近私も、フルバックを穿いてる妻のお尻がイメージになくなってるようです。

No title

奥様はこういうスケベなランジェリーつけて外出先のトイレなどでオナニーするようなことはないのですか?

はじめまして。

「普通」の感覚がGストというパートナーに、さすが管理人様の教えの賜物と申し上げます。
こうなるといまさらありふれたガードルなどは、ヤボったくてはけたものではないのでしょうね。

あ、URIにありますのは私の自作ブログです。そちらへのリンク張らせていただきます。こちらのほうも宜しくお願いします。

返信:きいち 様

裸でもない単なる立ち姿の画像を このように喜んでいただいて恐縮です。
ギャップのエロさに共感してもらえてるのも嬉しいです。

初の正面からのショットではないですか?? 清楚さ(ギャップ込み)がよくイメージできて、嬉しいです。ありがとうございます。
案の定の続き話…早く聞きたいです!笑

返信:Tama 様

『慣れ』って恐ろしいもんです。
特に女性は・・・・。

旦那さんは、逸る気持ちを堪えながら奥さんにをコントロールしちゃうなんて、御見逸れしました。

しかし、奥さに提示した穴開きはさすがに却下されましたが、普通ってのアレがGストとは かなりビックリさせられ驚くばかりです。

返信:Pero 様

Gストが『普通』エリアに定番として位置してしまった妻にとって、私たちがどんなにエロいと思ってても普通なんでしょうね。
昔、壇蜜さんが「わたし、パンティなんて要らないと思ってるんですね。撮影用に穿くぐらい・・・・。」と言ってスタジオ中を驚かせたことがありましたが、『普通』の定義は人によって様々。
妻が、風呂上りにGスト1枚でテレビの前を『フツー』に横切るような我が家は、『普通』じゃない?

オープンクロッチのショーツよりGスト食い込みの方がはるかにエロい気がするのは私だけ?
清楚な姿からは想像もつかないギャップ。その後の顚末、気になります。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。