FC2ブログ

やっぱりイイっ! 自宅キャバクラ!②

~前回からの続き~

 「あぁんっ・・・・、あぁぁぁ~んっ!」
妻は、泣き声とも歓喜の声ともつかない喘ぎ声で身体を震わせた。

私は敢えて手を使わず、口だけでヴァギナに直接触れようと、舌をくねらせながらクロッチの内部に舌先を捻じ込むと、妻はさらに強くヴァギナを私の顔に押し付けてきた・・・・。

私は妻の要望に応えるべく、クロッチをずらしヴァギナを剥き出しにして、ディープキスのように花弁を口で覆って舌先をヴァギナに滑り込ますと、妻は腰をくねらせながら、その舌先を咥え込むようにさらに強くヴァギナを押し付けてくる。


20171206014949a3dcb.jpg
このお尻をくねらせながら私の口に淫蜜でベチョベチョのヴァギナを押し付けてくる妻。 私にとっては至福でもある。


「あんっ、あんっ・・・・、ねぇ・・・・お願い・・・・、もぉう挿れてぇ!」
私は、妻のヴァギナから口を離して、お決まりの質問を投げかける。

「どこにぃ? 何をいれるのかなぁ?」
わざと意地悪く、ねちっこく。

妻は、「いやぁ~っ!」と声をあげながらも、その態勢のまま、ずらし気味のクロッチをさらに大きく横にずらし、左手中指をヴァギナに差し込むと、チャプチャプと音を立てて指を震わせた。
「ここぉ~っ! ここに・・・・、ここにィ、あなたのオ○○○○を挿れてぇ~!」

「ここに、コレを挿れればいいのかなぁ?」
意地悪そうに、硬くなったペニスを膣口に差し込まれている妻の中指に軽く添えると、妻はすかさず指を抜いてペニスをガシッと握り、膣口にあててペニスをプルプルと震わせたり、亀頭で口紅を塗るように淫蜜が溢れた花弁をツルツルなで回す。

「あんっ・・・・、あんっ・・・・。」
しばらく眼を閉じてその微妙な感じを楽しんでいたが、一転膣口にペニスを合わせると、ジュボッと音を立てて亀頭を飲み込むと、すかさずそのままお尻を押し付けて、ズブブブッと根元まで咥え込んだ。

「あぁぁぁーっ、ああぁ~んっ!」
妻は背中を反らして天井に向けて獲物を捕らえたときの雄叫びを挙げる。

尚もまだ奥へ奥へ導こうとお尻をクネらせる。
まるで子宮がペニスを欲しがっているかのように。

「お願いぃ・・・・、イカせてぇ・・・・、今日は・・・・もぉ・・・・う・・・・。」
確かに、本日の営業時間は短いと念を押されていた。

私にしても、のっけから興奮度の高い展開だったから、いつでもイケる状態だ。
私は妻の腰を両手で押さえて、大きく腰を前後させた。

「あぁーっ、イクぅ~、イクぅーっ!」
妻はベッドに顔をつけたまま、一層お尻を高くして背中を仰け反らせて絶頂を迎えるのに合わせて、私は、ヴァギナの奥深く、何度も子宮口に亀頭を押し付けるようにして絶頂の放出をした。

「ア・・・・ア・・・・ッ、あぁ~っ・・・・。」
妻は喉の奥から官能の声を漏らしながら、深い呼吸を繰り返す。

私はしばらく、この突き上げられたお尻にペニスを突き刺したままヴァギナの暖かな余韻を味わっていた。
時折、ゆっくりと腰を前後させて、自らの精液を、まだ幾分硬さの残ったペニスでかき混ぜる。

クチョッ、クチョッと蜜壺から音が漏れるたびに、妻の喉からも絶頂の余韻を味わう声を漏らしていたが、急に何かを思い出したかのように、右手をペニスの突き刺さった股間に添えて、ヌルヌルになった膣口周りを指で探り始めた。

「ねぇ、出てきてるぅ? あなたの・・・・出てきてるぅ?」
妻は、ヴァギナの奥深くに放出された精液がペニスと膣口の隙間から漏れ出してきたかと尋ねている。

「いや・・・・、たぶんまだほとんど中だと思うけど・・・・。」
私は、ゆっくりと動かしているペニスの奥と膣壁に精液がシリンダーオイルのように溜まっているのを想像していた。

「それ・・・・欲しい・・・・、ヌルヌルを・・・・頂だい・・・・。」
妻はヴァギナの奥に溜まっている精液をもう一度その手に取り出したいという。
妻が使いたい用途は私にも大体わかっていた。

「わかった、じゃぁ抜くよっ。」
私は、左手でペニスの根元を補佐して、ゆっくりと身体を腰を離した。
「あぁぁっ・・・・」
未だ感度の高ぶっているヴァギナから硬さの抜けたペニスが白濁した淫蜜を纏ってスルゥ~ッと抜けた。

妻はその姿勢のまま、ペニスが抜けて穴の開いた膣口に右手の中指を差し込むと、膣の奥を弄るように深く入れて指を動かす。
「あぁ~っ、あるぅ・・・・あるぅ・・・・、こんなに出てるぅ・・・・。」

「わかるの?」
「わかるわよぉ、奥で・・・・指先にヌルヌルが・・・・纏わりつくもの・・・・。」

私はしばし、ヌチョッ、ヌチョッと目の前で音を立ててヴァギナの奥深くをかき混ぜる指の動きを眺めていた。
そのままオナニーに没頭するのかと思っていたが、しばらくすると妻はその指を抜き、手の平で膣口に蓋をするようにヴァギナを押さえたまま、すっと身体を翻してこちら向きに起き上がった。
そして、ワンピースの肩紐をずらして乳房を出し、ベトベトの手の平で乳房を愛撫し始めた。

「あぁ・・・・っ、これ・・・・これがイイ・・・・のぉ。 あぁぁ・・・・まだ出てくるぅ・・・・。」
妻は、淫蜜と精液がブレンドされた特性ローションを 何度もヴァギナからすくい取っては、乳首や乳房に塗り、そのヌメリを堪能していた。

画像7bbpc
若い頃にはなかった妻の趣向だが、一粒で二度美味しいと、子作りに使わない精液も無駄にはしない。


今では妻にとって精液は、子宝の種ではなく、オリジナル官能グッズになっているのかも知れない。
確かに、これから新たに子供を儲けようとするわけではなく、ほぼ閉経を迎えようとする妻と私にとって、精液を排出するだけのもとせず、それを、エロスを深める性活必需品として、私たちの性活向上に役立てているといえる。
さすが私の妻、エライッ!


※今日の妻下着

今日は、奇しくも上記記事のときと同じサテンブルーのTバック。
一見、プレイ用お飾り系の下着のようだが、生地もしっかりとしていて実用的。
妻のお尻にもよく似合う。

T-back-backrace2c.jpg
意外と実用的な作りで、出勤用として活躍。 今日はパンツルックの下に穿いて出かけた。


1-201712060149509c8c.jpg
Tバックの似合う豊かなお尻は、私の宝物。 未だ性欲が落ちないのはこのお尻のおかげ !?



※冬だから、誰にもわからない下着で日常のエロスを楽しみませんか?


Tag : 熟年 コスプレ セックス オナニー 下着

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)