FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッサージにかこつけて・・・・

 最近、妻の仕事も忙しく、ハードな一週間だったようだ。
今日は、盛んに「腰が痛い、腰が痛い」と言うので、ベッドにうつぶせにさせて、マッサージをしてやった。

以前雑誌でリンパマッサージの記事を見て、少し記憶に残っていたことを さも専門家のように、
「この辺のリンパ液をこ~う下へ向かって流すといいんだよ」
などと、知ったかぶりして説明しながら背中や腰をマッサージしていたが、この私が、目の前でプルプル揺れているお尻を何もしないで放っておくはずがない。

「このお尻のリンパも流してやらないと・・・・」と言いながらスウェットパンツを少しづつずり下げていったが、妻は、寝入ってしまったのか腰を浮かせてくれないので、完全に脱がさず、お尻がほぼ露出したところで出来る限り楽しませてもらうことにした。

DSCF2135bbkpb.jpg
寝てしまった妻のTバック尻に顔を埋めて至福の時を・・・・

T-back-race-p100b.jpg
こんなTバックが似合う妻尻にも感謝しなければ・・・・

いつもながら、豊かで触り心地の良いお尻は、私の宝物と言っても良いくらいどんなに眺めていても飽きることはない。 そのお尻を私の気に入ったTバックで演出してあるから、愛おしさもひとしおだ。
すでに妻は「スゥースゥー」と寝息をたているのをいいことに、まずは自然な欲求に従い、その豊かなお尻に顔を埋めた。

両頬に感じる臀部の柔らかな肉感と、脳の奥深くを刺激する股間の匂いに浸りながら至福を味わう。
私は可能な限り舌を伸ばして割れ目の深みを探るように舐め回した。しかし、いくら舌を伸ばしてもヴァギナには届かない。 そのじれったさを誤魔化すように舌先は割れ目から豊かな臀部に登り、お尻全体が唾液でベトベトになるくらい舐めまわした。

妻が寝てしまい、独りで妻の身体を悪戯した後に、その姿を眺めながらオナニーに興じることもあるが、今日は久しぶりにこのTバック尻をカメラに収めておいて、そのまま寝かせてやることにした。

「そのまま寝かせる」とは、その文面通り、悪戯したそのままの状態で寝かせること。着衣もなおさず、お尻も出しっぱなし、ブラのホックも外しっ放しでそのまま寝かせるのが、私の常套手段だ。
勿論、秋も深まっできたので風をひかないように布団は掛けてやるのだが・・・・。

DSCF2129bbkpb.jpg
心ゆくまで舐めまわした後は、そのままの状態で放置するのが我家流セックスレス対策・・・・?

翌朝、顔を合わせると妻は「昨晩、悪戯した?」必ず聞くだろう。 続いて「それでどうしたの?」と言うはずだ。 それは、オナニーをしたのか如何かと言うことだ。
私はいつも「勿論やったよ! すっかり出しちゃった。」と言うことにしている。
すると妻はたいてい
「えぇ~っ!? もったいなぁ~い!」「どうして(精液を)掛けてくれなかったのぉ!」
というのが、お決まりのパターンだ。

こういった冗談とも本気とも取れないような会話で明日の朝も始まるのだろう。
明るく朝を迎えるためには、必ず悪戯をした証拠を残しておき、自分の性欲が常に妻に向かっていることを意識付けておくことも、セックスレス対策の1つだと思っている。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。